WindowsキーボードをMacで使う

今回の記事では、WindowsキーボードをMacで使うための方法を紹介します。

WindowsキーボードをMacに識別させる

WindowsキーボードをMacにつなげます。
キーボード設定アシスタントが自動で開いた場合は、後述のキーボード設定アシスタントからの手順まで飛んでください。
自動で開かなかった場合は、次の手順を行うことでキーボード設定アシスタントが起動します。

まず、Macにキーボードを正しく識別させます。
システム環境設定から、キーボードを選択します。

 

「キーボードの種類を変更」を選択します。

すると、キーボード設定アシスタントが開きます。
「続ける」をクリックします。

指示に従って、左Shiftキーの右隣のキーを1回だけ押します。

次に右Shiftキーの左隣のキーを1回だけ押します。

キーボードが識別されました。
JIS(日本語)にチェックが入っていることを確認して、「完了」をクリックします。

 

キー配置を変更する

ここまでの手順でも、WindowsキーボードをMacで使うことは出来ますが、キー配置が異なるため使いづらいです。
キー配置を変更できるKarabiner-Elemntsというソフトがあるので使いましょう。

Karabiner-Elemnts

Karabiner-Elemntsをインスールしたら起動します。
Launchpadの中にソフトがありますのでそこから起動しましょう。

Devicesを選択して、表示されているデバイス一覧から先ほどMacにつないだキーボードを選択します。
この選択を行っておかないと、次のキー設定のところの対象デバイスに表示されません。

「Simple Modifcations」を選択します。
「Target Device」からキー設定を行いたいキーボードを選択します。

キーボードを選択したら、左下の「Add item」をクリックします。

すると、キー配置変更設定の行が1行表示されます。
「Add item」を押すごとに1行増えていきます。
設定を削除したい場合は、行の右端にある「Remove」キーを押せば削除されます。
この画面で1つずつキー配置を変更していきます。

From key・・・配置変更前のキー
To Key・・・配置変更後のキー

 

 

例として、日本語入力のON/OFFを簡単に切り替えられるようにしましょう。
切り替えは「CTRL + スペースキー」で行えますが、2つキーを押さないといけないのは面倒です。

1つのキーを押すだけで簡単に切り替えられるようにしましょう。
設定内容は次のとおりです。

From key:PCキーボードの無変換キー
To key:英数キー

From key:PCキーボードの変換キー
To Key:かなキー

これで、

無変換キーを押す → 日本語入力OFF
変換キーを押す → 日本語入力ON

と、高速で日本語入力のON/OFFが切り替えられます。

この他にも配置変更したいキーがあれば、自分の使いやすいように設定してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はお伝えしたのは、WindowsキーボードをMacで使うために、
・Macにキーボードを識別させる
・キー配置をソフトで変更する
という内容でした。

よかったら試してみてください。