ExcelでA列の再表示をネットで調べてやってみたけどうまくいかないときにありがちな原因

Excelで非表示の列を再表示する方法を知っていますか?

A列以外なら直感的に出来ますよね。

でも、A列の場合はうまくいかないんじゃないでしょうか。
そこで、多くの人はネットで調べた情報でやってみると思います。
ほとんどの場合はネットで調べた情報でうまくいくんですが、たまに罠があって再表示されないことがあります。

ネットでA列の再表示の方法を調べてその通りやってみたのにうまくいかない、なんで?」と悩まれている方は、ぜひ今回の記事を見てください。

列の非表示/再表示の方法

まずは基本ということで、列の非表示と再表示の方法です。

まずは非表示の方法です。

非表示にしたい列を選択して右クリックを押します。
右クリックメニューから「非表示」を選択します。

B列が非表示になりました。

次に、再表示の方法です。
再表示したい列の両サイドの列を選択状態にします。
ここでは、B列を再表示したいので、A列とC列を選択状態にします。

選択したら、その状態で右クリックを押します。
右クリックメニューから「再表示」を選択します。

B列が再表示されました。

同じ方法でA列を再表示してみると……

A列の非表示を再表示したい場合は、この方法ではうまくいきません。

試しに同じ方法でやってみます。

A列が非表示となっていて選択できないので、B列のみ選択して右クリックメニューの再表示をクリックしてみます。

結果、この方法ではA列は再表示されません

A列を再表示する方法

では、A列を再表示する方法を紹介します。

シートの左上(小さな三角のマークがあるところ)をクリックします。
クリックすると、シートが全選択された状態になります。

その状態で、どの列でもいいのでカーソルを列記号の上にもっていって右クリックを押します。
右クリックメニューから「再表示」を選択します。

A列が再表示されました。

大抵はこの方法でA列は再表示されます。

ただ、この方法でもA列が再表示されないときがあります。
そういう場合の対処法を次で紹介します。

まだA列が再表示されない場合

今回はA列とB列が表示されない状態として説明します。

まずは、先に紹介した方法と同じ方法でA列とB列を再表示してみます。
結果はなぜか再表示されません。

でもこの状態、実はもうA列とB列は再表示されているのです。
再表示されているのですが、画面には現れていない状態となっているのです。
何を言っているのかわからないと思いますが、原因はこれです。

そう、「ウィンドウ枠の固定」が原因です。
A列とB列が画面に入っていない状態で、ウィンドウ枠の固定がかけられているために、A列とB列が画面に現れないんですね。

では、ウィンドウ枠固定の解除をしてみましょう。

無事、A列とB列が表示されるようになりました。

まとめ

ExcelのA列を再表示する方法

  1. シートを全選択して、適当な列の上で右クリック。右クリックメニューから「再表示」を選択
  2. 1の方法で再表示されない場合は、ウィンドウ枠固定の解除を行う。

1の方法ならネットで調べるとすぐに出てくるんですが、2の方法はなかなか出てこないんですよね。