ブログに載せる画像にサイトアドレスを入れたい。それRalpha Image Resizerで簡単に出来ます

ブログを見ていて画像にサイトアドレスが透かしで入っているのを見たことありませんか?
こんな画像です。

この画像に入っている「howozuki.com」の部分です。
こういうの見たことありますよね。
どうやって入れるんだろうって思ったことありませんか?

これ、「Ralpha Image Resizer」 というソフトで簡単にできるんですよ。
今回の記事では、「Ralpha Image Resizer」のダウンロード手順から、画像へのサイトアドレスの入れ方まで解説しますね。

ダウンロード手順

まず、ソフトをダウンロードします。
ダウンロードはベクターのサイトから行います。

ベクター Ralpha Image Resizerページ

「ダウンロードページへ」をクリックします。

「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。

するとダウンロードが始まって下記のファイルがダウンロードされますのでこれを解凍してください。

解凍すると下のフォルダが出来ます。

Ralpha Image Resizerで画像にサイトアドレスを入れよう

解凍して出来た下のフォルダを開いてください。

開いたフォルダの中の「Ralpha.exe」を起動してください。

起動すると下の画面が表示されます。

サイトアドレスを入れたい画像をドラッグしてセットします。

加工後の画像の大きさを設定します。
比率や幅・高さ基準で設定できます。

自分が使っているWordPressテーマの幅に合わせるのがいいかと思います。
このブログの場合、幅800px(大サイズ)にしています。

次にサイトアドレスを入れる設定です。
右側の「文字入れ」のチェックボックスにチェックを入れて、歯車アイコンをクリックします。

この画面で文字入れの設定を行います。
設定が出来たら、OKボタンをクリックしましょう。

実行前にプレビューで仕上がりをチェックしましょう。
プレビューボタンをクリックすると・・・

プレビューが表示されます。
気に入らなければ、先ほどの設定画面に戻って設定し直しましょう。

問題なければ、実行ボタンをクリックして画像変換を実行しましょう。

実行すると、元の画像ファイルの保存場所に「resize」という名前のフォルダが作成されます。
resizeフォルダを開くと・・・

resizeフォルダの中に実行後の画像ファイルが保存されています。

以上の手順で画像にサイトアドレスを入れることが出来ます。
簡単ですよね。

文字入れの設定(自分の場合)

参考までに、自分は文字入れの設定を以下のようにしています。

  • 位置:中
  • オフセット:X=0、Y=250
  • 文字色:白
  • ドロップシャドウ、グロー=OFF(チェックを外す)
  • フォント:Segoe UI Symbol 20pt

この設定で実行すると、下の画像のようにサイトアドレスが入ります。
これを参考に自分好みに設定してみてください。

終わりに

画像にサイトアドレスを入れる方法、いかがだったでしょうか。
最初、設定(文字入れの位置等)を少し考えるかもしれませんが、それさえ決まってしまえば後はどんどん実行するだけです。

画像にサイトアドレスを入れる方法が分からなかった方、手作業で入れようと思っていた方は今回の記事を参考にRalpha Image Resizerを使ってみてください。