写真をそのままネットにアップしちゃダメ! Exif情報を削除しよう

スマホやデジカメで撮った写真をそのままネットにアップしていないでしょうか。
それは大変危険な行為です。
自分の個人情報をネットにさらしてしまっている可能性があります。
どういうことなのか?
以下で、デジタル写真に含まれる情報、情報の確認方法、削除方法を見ていきましょう。

Exif情報とは?

デジタル写真には、Exif情報というデータが付与されています。
具体的にどのようなデータかというと・・・
・撮影日時
・画像の大きさ
・カメラの製造元
・カメラのモデル
・絞り値、露出条件等の撮影条件
・GPS情報
などなどです。

Exif情報の確認方法

Windowsでの確認方法ですが、ファイルの右クリックメニューからプロパティをクリックするとプロパティウィンドウが開きます。
詳細タブをクリックして出てくる情報がExif情報です。
ざっと見ていったときに「これをネットにアップするのはまずい!」と思うのは、やはりGPS情報でしょう。
自宅で撮影した写真だった場合、簡単に自宅がバレてしまいます。
自分の身を守るためにも、Exif情報の削除方法を覚えましょう。

 

Exif情報の削除方法

これもWindowsでの方法です。
さきほどの確認方法で出てきた詳細タブの下にある「プロバティや個人情報を削除」をクリック。
すると、プロパティの削除ウィンドウが開くので、「このファイルから次のプロパティを削除」を選択します。
次に、右下の「すべて選択」をクリックすると削除できる項目にすべてチェックが付きます。
削除できない項目もあり、その項目にはチェックボックス自体が付きません。
あとはOKボタンをクリックすれば削除完了です。
削除完了したら、もう一度詳細タブを確認してみましょう。削除前にあった項目が削除されていることが分かります。