USB切替器を買ったらメチャクチャ便利だった(エレコム KM-A22BBK)

2台のPCを使っていてキーボードとマウスは共通、という方はいらっしゃいますか?
今回の記事は、そんな方におすすめの製品の紹介です。

キーボード・マウスのつなぎ直しが面倒すぎる

現在、私はPC2台を使用しています。
WindowsとMacを1台ずつです。
Windowsは主にOffice(Excel)での作業、Macはプログラミングの勉強に使っています。

2台とも外部モニタにつないであって、キーボードとマウスは1セットをWindowsとMacで兼用しています。

外部モニタについては、WindowsとMacそれぞれからケーブルでつないであり、切替えはモニタのボタン1つで出来るのでそれほど問題はありません。

困るのがキーボードとマウスで、Windowsを使いたいときはWindowsに、Macを使いたいときはMacに、わざわざつなぎ直さないといけないんですね。
これが意外と手間で、どうにかならないかと思っていたところに見つけたのがUSB切替器です。

USB切替器とは?

USB切替器というのは名前そのままなのですが、USB機器を複数のPCで共用できますよ、というやつです。

私が購入したのは、エレコムのKM-A22BBKという製品で、1セットのキーボード・マウスを2台のPCで共通で使えるタイプのものです。

エレコム KM-A22BBK の製品画像

全体の画像です。

ケーブルの長さは、
切り替えスイッチのケーブルが1.8m
USB端子がついているケーブルが1.2m です。

本体です。
画像の上方側面にUSB機器を2ヶ所差せるところがあります。
つながっているPCに対応して、グリーン(PC1)or オレンジ(PC2)のランプが点灯します。

切り替えスイッチです。
こちらも、その時つながっているPCに対応して、グリーン(PC1)or オレンジ(PC2)のランプが点灯します。

使い方

・切替器のUSBケーブルを2台のPCにそれぞれ接続します。
・切替器本体のUSB差込口に、キーボードとマウスのUSB端子を接続します。

これで準備完了です。

あとは、切り替えスイッチを押すたびに、PC1とPC2に接続先が交互に切り替わります。

実際に使ってみて

切替わりのスピード
ボタンを押してから切替わるまで、1〜2秒のタイムラグがあります。
タイムラグがあると言ってもワンテンポ遅れるくらいの感覚なので、ストレスになるほどではありません。

無線のUSB機器でも使える。
無線のUSBマウスでも問題なく使えます。
無線のUSB機器の場合は、USBレシーバーを切替器の本体に接続します。

手元で切替えの操作ができる。
切替えスイッチのケーブルが1.8mと十分な長さがあるので、手元に設置して使っています。
手元でスイッチを押すだけで切替えが出来るので大変ラクです。

接続先のPCがひと目で分かる
切替えスイッチに接続先のPCが分かるようにランプがついています。
接続先が、PC1の場合はグリーンに、PC2の場合はオレンジに光るので、「あれ、今どっちにつながってるんだっけ?」と迷うことがありません。

まとめ

「便利!」の一言です。
買ってよかった。
今年購入したものの中で今のところベストです。

安いところなら、1,400円(2019年8月時点)くらいで買えます。
amazonでも500件以上のレビューがあって、高評価となっています。

2台のPCがあって共通のキーボード・マウスを差し直しながら使っている。
そんな方はすぐにでもこの製品を導入して、わずらわしい作業から開放されましょう。