ブルーライト軽減ソフト「f.lux」のインストールと使い方

パソコンのディスプレイで眼が疲れて困っているという方、是非今回の記事で紹介するブルーライト軽減ソフト「f.lux」を試してみてください。

一度導入してしまうと手放せなくなると思いますよ。

なぜパソコンのディスプレイで眼が疲れるのか?

パソコンのディスプレイからはブルーライトという光が多く発せられています。

ブルーライトとは何かというと・・・

可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光
ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

出典:ブルーライト研究会  ブルーライトとは

このブルーライトが眼に大きな負担をかけることにより眼が疲れるのです。
現代人はパソコンやスマホを四六時中見る生活を送っているため、眼は常にブルーライトの負担がかかっていると言ってもいいでしょう。

ブルーライトの悪影響は眼だけではない

ブルーライトは眼以外にも悪影響を及ぼします。

その一つが体内時計のリズムを乱れることによる睡眠障害です。
夜中にブルーライトを浴びることで睡眠を促すメラトニンが分泌されなくなり、夜眠れなくなります。

夜眠れないため、朝起きる時間も遅くなります。
その繰り返しでどんどん体内時計がずれていって生活リズムが狂ってしまいます。

ブルーライトを軽減する方法

ブルーライトが身体に悪影響を及ぼすことが分かったところで対策方法に移ります。
対策方法は簡単で、ブルーライト軽減ソフト「f.lux」を導入するだけです。

「f.lux」のインストール方法(Windows)

「f.lux」は無料で使えます。
この記事ではWindows版を紹介しますが、Macintoshでも使えます。

「f.lux」のダウンロードページから、ダウンロードしましょう。

 

ダウンロードしたflux-setup.exeをダブルクリックします。

 

「実行」をクリック

 

「Accept」をクリック

 

「Restart Now」をクリックしてコンピュータを再起動します。
編集中のファイルがあれば再起動前に保存をしておきましょう。

インストールはここまでです。
次からは設定を行います。

「f.lux」の設定

再起動すると、現在地入力の画面が現れます。
日本国内なら時差がありませんのでどこの都市を入力してもOKです。

ここでは「tokyo」と入力しSearchボタンをクリック。
東京の地図が表示されたら、OKボタンをクリックしましょう。

f.luxでは、1日を日中(Daytime)・日没後(Sunset)・就寝時(Bedtime)に3分割し、それぞれの時間帯の色温度を設定することが出来ます。

初期設定では、下記の設定となっています。

曲線をクリックすると1日の色温度の変化をプレビューで見ることが出来ます。

 

自分で色温度を設定したい場合は、スライダーを動かすことで色温度の設定を変えることが出来ます。

色々試してみて、自分に最適な設定を見つけてみてください。

「f.lux」の欠点

「f.lux」自体の欠点ではありませんが、「f.lux」がインストールされていないディスプレイを見るのがつらくなる、ことくらいです。

そこで「f.lux」がインストールされていないディスプレイでの目の疲れ対策を紹介します。

会社のパソコンなど「f.lux」を導入できない場合の目の疲れ対策

会社で支給されたパソコンなど「f.lux」を導入できない場合に目の疲れ対策として出来ることを紹介します。

ディスプレイの輝度(明るさ)を下げましょう。

ディスプレイを見ていると眼が疲れるという方、もしかしてディスプレイの輝度(明るさ)を初期設定のまま使っていませんか?
ディスプレイの輝度の初期設定は基本的に最も明るい設定になっています。
輝度が最大設定のディスプレイを見続けていれば目が疲れるに決まっています。

今すぐに輝度を下げましょう。
下げる方法はパソコンやディスプレイによって異なります。
物理ボタンで変更するか、ソフトで変更するかだと思います。
分からなければ取扱説明書を見てください。

どのくらい輝度を下げればいいかですが、眩しさを感じないところまで下げて、下げすぎて暗くなりすぎたら少し上げてください

なお、この輝度を下げる方法はスマホでも有効です。

スマホには「明るさの自動調整」という機能が大抵ついていますが、この機能はOFFにしておきましょう。
せっかく調整した明るさが自動調整されてしまいます。

OSがWindows10なら、「夜間モード設定」を使いましょう。

Windows10には、f.luxの代替となる「夜間モード設定」という機能があるとのことですのでこの機能を使ってください。

最後に

いかがだったでしょうか、「f.lux」。
一度使ってしまうと、「f.lux」がない画面は眩しくて見られなくなりますよ。

パソコン作業の目の疲れで困っていた方は、無料ですので是非試してみてください。
試してみて合わなかったらアンインストールすればいいだけですので。