Windowsが起動しない! 外付けHDDが原因でした

1週間位まえから急にWindowsが起動しなくなりました。

何度電源ボタンを押しても起動しません。

原因を探るも特に思い当たることがなかったのですが、よくよく考えてみると外付けHDDを変更したことを思い出しました。

で、試してみると正にこれが原因でして、無事にWindowsが起動するようになりました。

Windowsが起動しない

ある日のこと、いつも通りパソコンの電源を入れました。
電源が入ってパソコンメーカーのロゴが画面に表示されるのですが、そこから一向に画面が進みません。
キーボードやマウスを動かすもなんの反応もありません。
仕方なく、電源ボタンを押すとシャットダウンします。
そして、再度電源ボタンを押すと、またメーカーロゴが表示されてそこから進まない、の繰り返しです。

原因はなんだ?

パソコンが起動しなくなったことはなにか原因があるはずです。
普通に起動できていた時と現在で変化点が何かないか考えてみました。
しかし、何も思い当たることがないのです。
何かのソフトをインストールしたとか、Windowsのアップデートを行ったとか。
特に変えたところはありません。

原因が分からなく途方にくれていたのですが、「そういえば外付けHDDを変更したな」と思い出しました。
ソフトに原因があると思い込んでいたので、ハードのことは全く考えていなかったのです。

外付けHDDが怪しい?

外付けHDDに原因がありそうだとわかったので、試しに外付けHDDをパソコンから外してから起動してみました
すると、問題なくWindowsが立ち上がるではないですか。
やっぱり原因は外付けHDDでした。

ただ、起動したといっても、外付けHDDが使えないのでは困ります。
Windowsの起動後に、外付けHDDを接続してみるとちゃんと認識されて使えることが分かり、ホッとしました。

外付けHDDの2つの問題が重なることでWindowsが起動しなくなった

外付けHDDが原因でWindowsが起動しないことは分かりましたが、一体何が問題だったのでしょう。

1つ目の問題は、外付けHDDのフォーマット形式を「exFAT」に変更したことです。
実は、外付けHDDを変更したというのは、HDD自体を変更したのではなく、フォーマット形式を変更しただけなのです。
WindowsとMac両方の環境で使えるように、フォーマット形式を変更しました。
exFATなら、Win/Mac両方の環境でファイルの読み書きができるのです。

2つ目の問題は、外付けHDDの容量が3TBだったことです。
詳しいことは分からないのですが、外付けHDDのサイズが2TBを超えるとWindowsが起動しないことがあるようなのです。

この2つの問題が重なることで、Windowsが起動しなくなったというのが今回の問題の原因でした。

2つの問題が重ならなければ、Windowsは起動します。
実際、私の場合、exFAT形式の2TB以下の外付けHDDなら接続していてもWindowsは起動しますし、2TBを超えるサイズのHDDでもexFAT以外のフォーマット形式ならWindowsは起動していました。

まとめ

まとめです。

Windowsが起動しなくなったのは、外付けHDDの問題だった。

外付けHDDが下記2つの条件をもつと、パソコンに接続したままではWindowsが起動しない。
(条件1)フォーマット形式が「exFAT」
(条件2)容量が2TBを超える

Windowsを起動するためには、対象の外付けHDDを外してからパソコンを起動すること

Windowsが起動しなくて困っている方、もしかしたら原因は外付けHDDかもしれませんよ。